修理実績/部品

R50 CVT異音

CVTの異音は、これまで多かったのはインプットシャフトのベアリング当たり面が削れて音が出るケースです。ここはエンジンと連動してますので、エンジンを掛けるとすぐにガラガラ音がでます。

DSCF0488

しかし、今回は走り出すとデフ付近からゴロゴロと音が出ます。インプットシャフトではありません。

ミッションをばらしていきますと、、、

DSC06364DSC06390

DSC07107DSC06394

セカンダリープーリーからデフのリングギアに回転を伝えるピニオンギアの軸受レースが空回りするではありませんか。しかも抜けてしまいます。

そしてセカンダリープーリーのベアリングもガタが出ていました。

幾つか中古ミッションからピニオンギアとそのホルダーを取り出して組み合わせてみましたら、どうも締め付けがきつくてピニオンギアが回らなくなったり、やはりレースが緩かったり、、、。どうやら組付け精度がバラバラのようですね。ミッションの当たりハズレはこういう所にあるのかもしれません。

スチールのレースが空転ということはアルミのケース側が削れてしまっているということです。そうなるとケースを交換ということになりますが、レースが空転しているものがどうも多いので、そんなに中古ケースは準備できません。

ケース側に細工してレースの空転を防ぎました。

ベアリングはもちろんすべて組み替えます。

これで異音は出なくなりました。

関連記事

営業日

ページ上部へ戻る