修理実績/部品

クーパーSのエンジン異音、アイドリング不調

R55クーパーSクラブマンのエンジンがガラガラ異音がするのとアイドリング不調とのことで、まずはヘッドカバーを開けてみましたら、やはり定番のタイミングチェーンガイドの粉砕です。プラスチック部品がオイルパンまで落ちているようですので、オイルパン、ポンプストレーナーの洗浄も必要です。

R56系は70000キロ走行にもなれば、大抵の車両でタイミングチェーンが伸びてます。徐々にその影響が出てきて、最悪はタイミングのずれでバルブが破損したりでヘッドのオーバーホールか交換が必要になることもありますので、早めの処置をおすすめします。

当店では、タイミングチェーンの交換はもちろんですが、その後の処理としてエンジン関連の学習値リセット、VANOS学習、オイル添加剤注入、RECS施工まで行い、今後の不具合が発生しにくいよう予防措置をします。

ただ、エンジン警告が点灯している場合は注意が必要です。タイミングチェーンの伸びの影響でエラーコードが出ることも多いのですが、VANOSなどバルブ制御の問題、マニホールドの詰まりがひどいなど、チェーン交換だけではすまないケースも大変多いです。

特にエンジンオイルの汚れや減少によるトラブルが多発してますので、オイル交換後、1000kmで量の確認、少なければ補充、5000kmでオイルとフィルターの交換を心がけてください。

 

関連記事

営業日

ページ上部へ戻る