R55, R56 修理実績

  1. クーパーSのエンジン異音、アイドリング不調

    R55クーパーSクラブマンのエンジンがガラガラ異音がするのとアイドリング不調とのことで、まずはヘッドカバーを開けてみましたら、やはり定番のタイミングチェーンガイドの粉砕です。プラスチック部品がオイルパンまで落ちているようですので、オイルパン、ポンプストレーナーの洗浄も必要です。

  2. R56S オートマが4速以上に入らない

    これもR53の頃にはあまり無かった不具合です。少し油温が上がると4,5,6速に入らなくなる症状です。 R53のバルブボディ不具合では、3速から4速に入る際にエンジン回転が吹け上がって、滑っているような症状がありましたが、今回は一瞬ではなく、ずっと滑っています。

  3. R56クーパーS ATハーネスコネクタにオイル浸入で3速固定

    R56からはCVTが廃止されてすべてアイシン製6速ATになりました。R53ではバルブボディの問題が多発してましたが、R56では対策部品になり、不具合が出にくくなりました。しかしその他の細かい部品に不具合がでることが時々あります。 今回の事例は、原因がわかるまで相当時間を費やしました。

  4. R55クーパーSクラブマン エンジンオイル漏れ修理

    第1世代のミニ(R50,R52,R53)のエンジンはローバーとクライスラー合弁のトライテック社から調達されたものでした。そして第2世代(R55,R56)はBMWが設計を担当し、プジョーシトロエン(PSA)との共同開発のプリンスエンジンを搭載してます。

おすすめ記事

  1. R50,R53 純正オーディオAUX端子

    R50,R53ですとCDプレーヤーならまだしも、MDプレーヤーが標準装備なんてことがよく有り...
ページ上部へ戻る